スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興!!~ガチとの遭遇~ 明るい家族計画 
日曜にヘロQ舞台見に行ってきましたー☆
会場入ってパンフ買うために物販の列に並んだら何やら後ろの方からちいちの声が聞こえる。
めっちゃデカイ声で聞こえるw
最初宣伝CDでも流してるのかと思ったんだけど、物販の売り子をちいちがやってましたwww
ちいちに他の商品も買わなくていいのか?と言われつつもパンフだけかって握手して…。
会場に入って座ってみると2列目は舞台に近い!ただ端だったのでよっちんの表情とかがちょっと見にくかったのはあったので残念だったけど(;_;)

開演して、最初にまず長沢さんが出てきて諸注意等々説明してから、ちいちも出てきてお客さんと一緒に演劇中の3つの決めごと?みたいなのを決めました。

まず1つがちいちの衣装。
よっちんには自前の服を持ってきてもらっていたようです。
衣装候補は私服(売り子の時にも着てたホントに私服wブルーのTシャツにジーンズって感じでした)、新郎の服、燕尾服、コックの服、スーツでした。
これはくじで私服に決定。ちいちは燕尾服が嫌だって言ってたから燕尾服になればいいのにってみんなで願ったのに…残念w
私服だと着替える必要がないけど、よっちんに着替えてないって事がバレないように脱いだり着たりしてる風の音を立ててくださいって長沢さんに言われてました。

ここでちいちがいったん退場して残りの2つの決めごとを決めました。
1つは劇中で何かして欲しい事はないかってので「激しく踊って歌って投げキス」をよっちんにやってもらう事が決定。
もう1つは舞台上にどちらか片方がいる状態で劇が始まるか、両方いる状態で劇が始まるかって事なんだけど、長沢さんの最初から両方いる状態が一番演じる側はやりにくいって悪魔の囁きから両方いる状態に決定ーwww
長沢さんは自分が出る公演が終わってるのですごくイキイキと無茶ぶり?をぶっこんでました!

ちなみに。
事前にインタビューをしててお互いに演技プランは決まってますか?みたいな事を聞いたそうなんだけど、よっちんもちいちも「ノープラン。相手に任せます」って答えだったそうですwww

お芝居はスジナシって鶴瓶さんがやってる番組みたいなスタイルで行われました。
最初お芝居を30分くらいやって、終わったらその映像を見ながら裏話とかを話すっていう感じ。
終了5分前にケータイが鳴る音を流すのでそれを合図に演じる側は終息に向けて演じていってました。

よっちんがまず登場して自分の好きな位置でスタンバイしていいってことでピアノの前にあった1人用のソファーに着席。
よっちんの服は蛍光イエローのパーカーに3本線の黒ジャージ、銀の★のいっぱいついたスニーカー、手にはドンキのビニール袋(中には雑誌と漫画?が数冊、主にエロ本だと思われwあとiPhone)、頭にタオル巻いて、ゴーバスターズのブルー?のお面をつけて、グラサンかけてました。
ズボンのポッケにはケータイと左側には小銭をじゃらじゃら入れてた。
なんかいろいろ芸が細かいなって思いました。

よっちんがスタンバイしたら暗転してちいちが入ってきてお芝居スタート。
話の内容としては、よっちん演じるケンジをちいち演じるお兄ちゃん(名前を1回だけ言ってるんだけどちょっとど忘れ。まさるとかそんな名前だったような…)が連れ戻しに来てホテルのラウンジで話し合いをするとこから始まります。

※この先内容は黒文字で裏話と個人的感想(笑)をオレンジの文字で並行して書いていきます。

はじめ、別々の席に座ってる2人。ホテルのスタッフがお水とメニューを置いて行って去ろうとしたとこをすかさず「ちょいちょいちょいちょい、お姉さん!」って言って呼び止めアイスティーを注文。
その後、兄の「ケンジ!ケンジ!」って呼びかけも無視してケンジは電話をしてます。
スタッフがお水を持ってきた時に机の上に置いてあったドンキの袋をダルそうに(ちょっと荒々しく)床に置く姿やスタッフを呼び止める姿はただのチンピラでしたwこういう演技ホント上手いな。
この時にホントは決めごとの踊って歌って投げキスをやってしまおうと思ってたよっちん。ここでくらいしか出来そうにないから話しかけられる前にやろうと思って電話がかかってくる演技をしてたのに、ちいちが呼びかけてしまったのでできなくなっちゃったそうです。結局これをやることを途中で忘れちゃって最後までやる事はありませんでしたwww


呼びかけに応じないケンジにしびれを切らした兄は近くまで寄って行き話しかけると自分と同じテーブルに座らせます。
ケンジに仕事を聞く兄に的屋の仕事をしてると言うケンジ。でも兄は知ってるんです。ケンジがAV男優の仕事をしてるということをwww
兄がその事を知ってる事を知らされたケンジは驚きますが、開き直ります。
実はちいちはよっちんが用意してた雑誌の中から1冊抜き取っていたそうで、よっちんも出てくる前にそれに気づいてて雑誌を使ってなにかしてくるだろうと思ってたんだけど、まさか男優にされるとは思わなかったそう。
ちいちも男優話は結構ノリノリで広げてて「やっぱり1回にいっぱいするのか?」「実際にヤってるのか?」とかいろいろ聞いてて笑ったw
それに対してよっちんも答えてるんだけど、男優のギャラが1回2~3万とかなかなかコアな情報を持っててビックリwww男子としては常識なの??w
ちなみに、おっぱいを下から触る?ような動きと座った状態で腰を前後に振る動きには鼻血をふきそうになりました←
あと、ちいちは近くで見てるからよっちんのほほの筋肉がピクピクしてるのを見て緊張してたってわかったそうです。
それと、最初の方で、アイスティーを飲んでスタッフに「これホントにアイスティー?麦茶みたいな味すんだけど!」ってイチャモン付けてて、そこもただのチンピラでしたwww


その後更に衝撃の告白を兄から聞きます。
それは父親が実は末期がんだと言う事。
ケンジも父親があまり体調が良くない事は薄々感じてて家にお金をちょっとずつ入れていた事を告白します。
末期がんだってわかってからはよっちんリアルに泣きの演技をしてて涙は私の位置からは確認できなかったけど、実際に目がウルウルしてたそうです。声の雰囲気だけでも泣きそうになってるのが伝わってきて迫真の演技だった。
あと、がんだって言われた後にすぐよっちんはグラサンを外すんだけど、その時に見えた目がホントに優しくてケンジはホントはいいヤツなんだなって思ったと、長沢さんが言ってました。
ちなみに、一番グッときたのはお兄ちゃんはもうお父さんが死にそうだと思ってるので「みんなで見送ってやろう」みたいな事を言うんだけど、ケンジは「まだそうとは決まってないだろ!?縁起でもない事言うなよ!!」と怒鳴ってたとこです。
ケンジの実は家族思いなところがすごくにじみ出してるシーンだと思いました。


で、そのまま家に帰っていくかと思いきや、実はケンジはヤクザに属してて鉄砲玉になって1人殺してこいと言われてることを兄に伝え、だからまだ帰れないと言います。
飲み友達が実はヤクザの下っ端で、そいつにおごってもらってると思ってたら、いつの間にか自分のツケで飲んでる事になってて、借金が増えてたそう。
その時後ろから女の人がそっと登場。それはケンジの彼女のヨウコでした。
ヨウコは全部聞いててどういう事かを問いただします。
なんとかヨウコを落ち着かせたとこで、お兄ちゃんがポロッとAVの話をしてしまってそこからちょっと修羅場?w
でもそこで実はヨウコもAVに出てた事をケンジが暴露。
女の方がギャラがいいとかそんな話になり、果てには「兄ちゃんも一緒にやらないか?」と言い出すケンジ。
「オレ、1日にそんな何回もできないぜ」と言う兄に「そういう方はオレがやるから」とか、「家族ものもあるから大丈夫!明るい家族計画とかさ!」「でも借金返す為には4~50本くらい出てもらわないと困る」「昔一緒に風呂入った事あるけど、兄ちゃんいいもん持ってるじゃん」とか。
兄も「マニアックなプレイなら得意だけどな」と言い出す始末。
でも、最後は「オレもついついのっちまったが、やっぱり真っ当な仕事に就くべきだ」と。
まめ知識と言うかなんと言うか、鉄砲玉とは警察に捕まる覚悟で人を殺しに行ったりする人の事で、行ったまま帰ってこないから鉄砲玉と言うそうです。
よっちんヤクザモノ好きなのかな?
AVの明るい家族計画は、そういうヤツをよっちん自身が見たことあるそうです。お父さんと年の離れた姉妹のヤツなんだけど、妹は制服を着てるけどどう見ても20超えた人だったって言ってたw
ちいちのAVの知識はよっちんからのものばっかだそうで、昔共演した時に選りすぐりのAVをよっちんから貰ったそうです。
あと、兄がヤクザに入ってるって話の中で「毒を食らわば皿まで」ってことわざを言ってたんだけど、AVに誘う時に「毒を?…くらわば、皿、まで?だっけ?」ってことわざを使って誘おうとしてて、長沢さんが上手くつなげてるなって思ったと言ってました。上手いんだかなんだかwww
その?がいっぱいついたような言い方がめちゃ可愛かったし、バカっぽかったwww


でも結局真っ当な仕事にもつけるはずないし、借金を返すには鉄砲玉やるしかないって流れになり。
そこで兄が「やっぱりここはヨウコちゃんのお父さんに頼むしか」と言い出す。
ケンジは「ヨウコの父さんはただのサラリーマンだろ?」って言うが、実は父親が石油王だった事をヨウコは告白する。
「名前もな、ホントはヨウコじゃないんだよな?」と兄。
「名字は長いから言わないけど、マルサフってみんなは呼んでるわ」とヨウコ。
ケンジ動揺。「ヤッベーーー、石油王の娘をAVに出すとか…別の穴掘っちまったよー!!」
マルサフにお父さんにお金を工面してもらうように頼んでくれと土下座してお願いするケンジと兄。
ちいちもよっちんもヨウコのお父さんは実はすごいヤクザの組の組長だったとか、警察のトップだったっていう流れになるんだと予想してたんだけど、ヨウコ役の人は借金を返せる人ならお金持ちだから…お金持ちといえば石油王って思ったそうです。
ちいちも最初はびっくりしたけど、すぐさまのっかって名前が違う発言をしたんだとか。
別の穴を掘っちゃった発言はみんなが上手い事言ってるなって思ったようですwww
土下座して「お願いします」って言う声はホントに情けない男でした。
その前に土下座しようとしながら、「これが日本の土下座ってやつなんだよ」とかって土下座の説明してて笑えた。
あと、ヨウコの名前がマルサフだって知って、マルサフって呼ぼうとするんだけど、ヨウコに「ヨウコでいいから」って言われて「マルサ…、ヨウコ!!」ってなんだか混乱してる感じもおかしかった。


マルs…ヨウコが父親に頼む事を承諾してくれたところで借金はいくらあるかという話に。
ケンジは静かに「5万」と言う。「5万!?!?!?!?」驚く兄。
でも、5万"円"ではなく5万"ドル"だという事が判明。
2人とも5万ドルがいくらなのかさっぱりわからず困惑。
ケンジも5万ドルがいくらなのかわかんないけど、すごい金額なんだろうと思って借金返済を頑張ってたそう…。
兄は5万ドルをそんなに高くない金額だと思い、ひとまず組に謝りに一緒に行こうと提案する。
組はどこにあるかと聞くと、ケンジは浅草にある高橋組だと言った。
そこでケータイが鳴る。ケンジはドンキの袋からiPhoneを出して話し出す。どうやら組の兄貴に鉄砲玉の仕事に今すぐ行くように言われたようで、それをきっかけにやっぱり行かなきゃと鉄砲玉になろうとするケンジ。そんなケンジに兄はビンタを1発かまし「しっかりしろ!!」と喝をいれる。
ソファに置き忘れられたケンジのサングラスを持ち、「兄ちゃん、実は俳優になる夢があってな!」そう言いながらサングラスをかけると「これで、ちょっとは悪そうに見えるかな?」
兄の胸に顔を埋め泣きながら謝るケンジ。
最初によっちんが5万って言った時、ちいちもリアルにビックリして「5万!?」って声を出してしまったので、ビックリ感はかなり強く出たそう。
あと、組の名前が強そうじゃなく普通だったと長沢さんが言ってて、ちいちが高橋組をバカにすんなよ!!って怒ってたwww
iPhoneは念のために持ってきていただけで、ホントは最初に使ってたガラケーの方でもよかったって言ってた。
ビンタするのはちいちが違う回でやってそれで味を占め、よっちんをどっかでひっぱたいてやろうと最初から決めていたらしい。ちなみに、ちいちは長沢さんにビンタしたことがあり、朴さんにはビンタされたそうです。
あと、5万ドルは言ったよっちん自身もいくらかわかってなかったんだけど、後から400万弱くらいの値段だと聞かされ、兄と2人でAVに4~50本出なきゃいけないって途中で言ってたのと合わせると、あながち間違った金額ではなかったと判明。偶然とはいえすごいよ、吉野さん!!
ちいちの胸で泣くシーンは鼻水と涙でTシャツがぐちゃぐちゃになってしまったことを謝ってました。この時の声は鳥肌もののホントに辛そうな心から謝って泣いてるような声だった。


そのままホテルを後にしようとしたが、そこでケンジが急に兄から離れて行き脇にあった観葉植物の鉢の中を漁りだす。
そして、中から拳銃を出し兄とヨウコに向け「やっぱりみんなに迷惑かけらんないよ」と死ぬ事を覚悟しながら言う。
動揺する兄だがヨウコは動じる事なくケンジに近づいて行き、「大丈夫だよ。私がお父さんにちゃんと話してあげる」と、ケンジの拳銃を持つ手を握り拳銃を取り上げた。
ケンジはそのまま地面に座り込み号泣。
ヨウコは拳銃を兄に渡し「お願いします」と一言。
拳銃を渡され困惑するも、ケンジを立たせ再び組に謝りに行こうという兄。
ケンジは「なんで、兄ちゃんは、いつもオレのヒーローなんだよ…」と泣きながら言い、兄もケンジの持ってきたヒーローのお面を装着すると2人でホテルを出て行った。
ヨウコが警察に電話をかける…。
ここで終演でした。
当初のちいちの構想では、サングラスをつけて悪者に見えるかな?ってトコで終わりにする予定だったんだけど、よっちんが自分から離れてって観葉植物のとこでゴソゴソし始めるから「どうしたどうした!?」ってなっちゃったそうw
そして、よっちんはよっちんで、ハッピーエンドなのもいいけど、たまにはちょっと暗い終わり方もいいかなと思って最後自分が死んで終わりにするつもりだったのに、ヨウコがグイグイ来るから自分の予定した終わり方にはならなかったとのこと。
みんながみんな予定外の行動をしちゃって、だからこそ即興芝居の良さが出たようです。
ちなみに、芝居中、田中公平さんが場面にあわせた音楽を即興でピアノで弾いてくれてたんだけど、よっちんが拳銃を持ち出した時点で田中さんも死ぬんだろうなと思って太陽に吠えろの人が死ぬ時によく使われる曲を弾いていたそうです。
あと、よっちんが拳銃の事をチャカって言ってて、鉄砲玉といいよくそういう言葉を知ってるなって長沢さんがびっくりしてた。


長々とおつきあいいただきましたが、こんな感じの公演でした!

あと、よっちんへのインタビュー内容を紹介してたので覚えてる限りでちょっと。
●お金を借りるなら誰から借りますか?→水樹奈々さんに借りたい
●好きな女性のタイプは?→女なら誰でもいい
●スタメンで一番馬鹿なのは?→ヤス
●スタメンで一番頭がいいのは?→リーダーは諏訪部さんだけど、頭のいいのは鈴だと思う。
●尊敬する先輩は?→山寺宏一さん、滝口順平さん
●スタメンでモテるのは?→みんなモテません

ちいちはよっちんの事を結構気に入ってて、いつか舞台に出て欲しいと思ってたので今回オファーしたとか。よっちんは稽古がないからオッケーしたそうです。
本公演にも出て欲しいって言ったら、よっちんは話し合って決めますって言ってたwww
是非とも出て欲しいです!!声だけの演技ももちろんいいけど、動いてるよっちんの演技は素敵だと実感した2時間の公演でした♪

あと。このお芝居のタイトルを最後にみんなで決めたんだけど、AVとの遭遇とかが出る中、「明るい家族計画」に決定しましたー!
劇中ではお笑い要素で使われてはいるけど、全体を通してこのタイトルはすごくしっくり来るなって思った♪

ちなみに。劇団員のサイン当選しちゃった♪嬉しい!!
スポンサーサイト
 
トラックバックURL
http://gradationsky.blog98.fc2.com/tb.php/12-67540902

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。